妖怪メダル ワールドホビーフェア2014夏 レポート

こんにちわ、ちゃーすけです。

眠いです。

というのも、今日は
次世代ワールドホビーフェア2014夏(SUMMER)に行ってきたからです。

目当ては、妖怪メダル零(Zメダル、古典メダル)とダイヤニャンのプラモデル。
物販ですね。

一応、明日行く人たちのために参考になればと思い、
状況だけ報告します。

まず、
始発の電車に乗って、幕張メッセに着いたのが6時20分くらい。
この時点で、並びは10000人いたとかなんとか…。

で、室内に入りまして、30分程度待機。

それからはこまめに移動をずっとしていたような気がします。

で、今回の物販の流れとしては、
まず
妖怪メダル零だけの販売会場が始めにあります。





物販に来た人の目的はほとんどこれですからね…。
で、これを通ると、通常の物販会場へ行けます。

6時20分に幕張着いて、メダルを買えたのが、9時半くらい。

で、その後一般の物販に行くのですが、妖怪メダルの客が全てそっちへ行くので
ダイヤニャン目当てでない他のものが目当ての人も、このたくさんの人の列で並ばなければ
いけない…。



もう本当にはんぱなく長い列です。

で、並んでいる最中に、ダイヤニャンプラモ売り切れ間近のアナウンスが。
物販会場に辿り着くまでにまだまだ果てしなく列があったので、その時点で諦めて、
帰宅しました。

メダルは、十分な数が用意されていたと思いますので大丈夫だとは思いますが、
ダイヤニャンは、夜中から並ばないとムリだと思います。

ゲーム・ホビー会場もがっつり体験していきたい!
という方は、もうすっぱり諦めて、最初からそっちに並んでおくのもいいかもしれません。

入場者の7割以上は、物販に行ってましたから、
ゲーム・ホビー会場は狙い目かもしれません。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。